<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday  ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

に参加中デス(^-^)/

- | - | - | 

ふき、タラの芽、山菜のナムル〜ナムルをおいしく作るコツ〜

[ 2009.06.01 Monday 23:02 ]
先月オモンニム(義母様)から作り方を教えていただいた
취나물(チュィナムル:キク科の山菜)、머위(ふき)、두릅(タラの芽)
春が旬の3種類のナムル。
上中央から時計回り順にチュィナムル,ふき,タラの芽

この3種類のナムルは作り方、ヤンニョム(タレ)の配合がそれぞれ異なり
パターンによっておいしく作るコツが違うと教えてくださったオモンニム。
それぞれのパターンを覚えておくと他の野菜でナムルを作るときにも
活用できることに気づいたのでご紹介しま〜す(^o^)/
に参加中デス(^-^)/
まずは취나물(チュィナムル)から。
チュィナムルはキク科に属する山菜なのですが、日本にもあるのかな…。
私はこのとき初めて食べましたが三つ葉のような香味よい味わいでした^^
チュィナムルの場合は熱湯でさっと湯がいた後、水気を絞りヤンニョムを
和えるといういわば"ゆでる系"ナムル。
おそらく日本の人がナムルと聞いて一番すぐに思いつく作り方では?
オモンニムいわく"ゆでる系"ナムルをおいしく作るコツは

「えごま油は一番最後に混ぜ合わせる!」

ヤンニョムの材料は刻みにんにく、塩、醤油、牛ダシダ、すりごま、えごま油
なのですが、上記6種類を一度に混ぜ合わせたものをゆで野菜と和えると
油によって野菜に他の調味料がしみこんでいきにくくなってしまうんですって。

そのため"ゆでる系"ナムルの場合は刻みにんにく、塩、醤油、牛ダシダ、
すりごまを混ぜ合わせたもののなかにゆでて水気を絞った野菜を入れ、
ある程度手でもみ合わせたところにえごま油を入れて最後さっと手で
もみ和えるというのがポイントなんだそう。
★このコツはほうれん草のナムルのときにも適用できます。

次は머위(ふき)のナムル。
ふきのナムルの場合は熱湯でさっと湯がいた後、水気をしぼり
フライパンにえごま油を入れて炒めたところにヤンニョムを和えるという
"炒める系"ナムルです。

炒める前にふきを食べやすい大きさに切っておきます。

と、ここで"炒める系"ナムルをおいしく作るコツ(^o^)/

「すりごまは一番最後に混ぜ合わせる!」

ヤンニョムの材料は先ほどの"ゆでる系"ナムルと同じなのですが、
すりごまを一緒にしておくと炒めるときにごまが焦げてしまうと。

そのため"炒める系"ナムルの場合は刻みにんにく、塩、醤油、牛ダシダの
4種類を混ぜ合わせたものを炒める前に用意しておいて、後でからめます。
えごま油は炒めるときにフライパンにひくのでヤンニョムには混ぜません。
★このコツはぜんまいのナムルのときにも適用できます。

それでは作り方に戻ってと…フライパンにえごま油をしいて熱します。

油の量は野菜の量に対してあまり少なくなりすぎないように。

ふきを投入し、炒めていきます。(火は強くしすぎないこと)

ある程度炒めたところでヤンニョムを投入し、混ぜ合わせます。

まんべんなく混ざりあったら、火を止めてすりごまをかけてできあがりです。


そして最後の두릅(タラの芽)のナムル。
タラの芽の場合は、チュィナムルのような"ゆでる系"ナムルです。

湯がいたあと水気を絞って食べやすい大きさに切ります(太い茎は手でさく)

タラの芽のヤンニョムは刻みにんにく、塩、醤油、牛ダシダ、すりごまの他に
コチュジャンと砂糖を入れて混ぜ合わせます。

この中にタラの芽を投入し手で和えた後、最後にえごま油を入れ
まんべんなく混ぜ合わせて出来上がり♪

このとき覚えた豆知識!タラの芽のナムルは数々あるナムルの中でも
最も高級品で、まさにナムルの王様的存在なんだそうですw(゜0゜w)

そんなナムルを食べることができてありがたや〜(´▽`人)だったのでした。

オモンニムは用意した野菜の量に合わせ、長年培った勘で調味料の量を
加減するので大さじ1などの具体的な量は書き記せませんが、
何度かナムルを作っていくうちに「たぶんこれくらいでOK」という勘が
身についていくのではないかと思います。

牛ダシダがない場合は味の素でも代用可能とのこと。
ちなみに牛ダシダとは牛肉ベースの粉末調味料で韓国の家庭にはたいてい
置いてあるポピュラーな調味料です。

日本の家庭で毎日韓国料理は作らないのよね〜という方には
スティックタイプがお勧め(^o^)/

あとナムルをよりおいしく作るコツとして、えごま油はできれば韓国産のものを
ご用意していただければなと…。
より本格的な味が出せると思います。

お肉やお魚のメインディッシュがなくても数々のナムルが食卓に並ぶと
食卓がさみしい感じにならず、ご飯もぱくぱく進んじゃうのが不思議です(笑)

JUGEMテーマ:韓国料理!

■韓国料理(レシピ) | - | - | 
<< シプモニム(義父母様)、スーと初対面 | main | 育児記録(お宮参りに行ってきました) >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday 23:02 ]
に参加中デス(^-^)/

- | - | - |