<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday  ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

に参加中デス(^-^)/

- | - | - | 

韓国人の彼or夫を持つ方のQ&A(11)

[ 2007.09.04 Tuesday 11:48 ]
私、りおが自身の経験を基にQ&A形式で韓国人の彼氏さんや
旦那様がいらっしゃる方が抱くであろうお悩みにお答えします。

Q.

シプモニム(義父母様)に安否電話をたまにするのですが、
その度に「子供はまだかい?」と聞かれるんです。
なかなか子宝に恵まれないという私にとってシプモニムの
このひと言は結構プレッシャーで…。作り笑いを浮かべながら
「はい、まだなんです。私も早く欲しいんですけどね」って
受け答えしてますが、こう答える度になんだか自分がみじめに
思えてきちゃいます(;_;)

シプモニムに対し角を立てることなく『プチ抵抗』できるような
言い回しがあったら教えてください。
に参加中デス(^-^)/
A.

そのお気持ち、わかります!私も同じです。
日本だとその家庭ごとにいろいろ事情もあるだろうからと
最近はこういう質問をしないよう心がけてる人も増えてきてると
思うのですが、韓国って今も聞いて来る人が多いですよね。
シプモニムも決して悪気があっておっしゃってるのではないと
わかってはいるのですが、自分が気にしているとそのひと言で
少し気持ちが沈んじゃったりして…。

私が韓国語教室で先生にこの悩みについて話してたら先生が
こんなフレーズを教えてくださいました。

삼신할머니가 아직 점지해 주지 않으셔서요
(サムシンおばあさんがまだ子供を授けてくださらないんです)

「『コウノトリが赤ちゃんを運んでくる』という言い伝えが
ありますよね?韓国もそういった言い伝えがあるんですよ」と
先生は話を続けていかれました。

「天国かどこかわかりませんがあるところにサムシンという名の
おばあさんがいるんだそうです。サムシンおばあさんの周りには
これから産まれてくるたくさんの赤ちゃんがいるんですって。
そこではサムシンおばあさんがもう産まれていってもいいかなと
思う赤ちゃんのお尻を『빨리 나가(早く 出ていきなさい)!』と
言いながらペシッと叩いてこの世に送り出しているんだとか。
サムシンおばあさんにお尻を叩かれたから赤ちゃんがやってきた
と言われてるんですよ^^」

これは使える!!と思った私は次の安否電話のとき
"삼신할머니가 아직 점지해 주지 않으셔서요"と
シオモニ(義母様)に言ってみたところ

「サムシンおばあさんのこと、よく知ってるわね〜」

と笑ってらっしゃいました。

私もサムシンおばあさんの話をとても面白く聞いてたので
明るくいえたし、シオモニとしてもまさか日本人の嫁の口から
『サムシンハルモニ(おばあさん)』が出てくるとは
思いもしなかったのでしょうね(笑)

ぜひこのひと言を試しに使ってみてくださいませ(^▽^)/

■日韓国際結婚(Q&A) | - | trackbacks(0) | 
<< 韓国で靴のかかと修理 | main | 韓国旅行で荷物が増えすぎたときは… >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday 11:48 ]
に参加中デス(^-^)/

- | - | - |