<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday  ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

に参加中デス(^-^)/

- | - | - | 

初めての韓国お墓参り

[ 2006.11.12 Sunday 23:58 ]
チュソクの昼、皆でお墓参りに出かけました。

「さぁ、山へ行こう」とアボンニム(義父様)。
今年の2月にハルモニム(義祖母様)が亡くなられたときに
お墓が山にあることを聞いていましたが、当時はヒョンニム
(義兄嫁様)とシテク(夫の実家)でお留守番。
ですので今回が私にとって初めての韓国でのお墓参りでした。

シテクから車を30分近く
走らせると山の風景が
広がってきます。

韓国では山あいで日当たりの
いい場所にお墓を建てるのが
よい先祖孝行といわれてるん
です。
車はどんどん山の奥へと
入っていきます。
に参加中デス(^-^)/
車窓からコチュ(唐辛子)畑が
見えてきました。
韓国料理によく使われる
あの唐辛子はこんな風に
栽培されてるのね!と
おとなげなかったですが
窓にかぶりつくように
一面に広がるコチュ畑を
眺めていた私(^^;
いつのまにか車が通る道は
舗装をされていない
でこぼこ道になってました。

しばらくすると車が止まり、降りるように言われましたが
止まった場所にはお墓が見えません。アジュボニム(義兄様)が
「ここから先は車で入っていくことができないから、お墓までは
歩いて登っていくんだ。足元が悪いから気をつけて」

そのお言葉どおり私はアジュボニム
の後をついていきました。
実は私がこのとき履いていたのが
ミュール。日本を出発した日の
服装にはミュールが合うだろうと
それを履いて出かけたのですが、
山道が舗装されてないことまでは
オッパから聞いていなかったので
スニーカーを持参して行かず。
なのでとても歩きにくかったです。
(T_T)次回からは絶対スニーカーを
持って来るぞと心に誓いました(笑)

山道を登っていき、ようやくお墓に到着〜\(^o^)/


画像手前がチャグナボニム(オッパの叔父様)のお墓、奥が
ハラボニム(義祖父様)とハルモニムが埋葬されたお墓です。
墓石ではなく土まんじゅうのお墓を見るのは生まれて初めて。
名前の書かれていないお墓がなんとも不思議に感じられました。

まずはハラボニムとハルモニムのお墓の前にレジャーシートを
敷いて、クンジョル(土下座のような最敬礼)をするための
準備をします。
次に持ってきたサイダーを
杯に満たし、アボンニムが
供えます。
(普通はお酒ですが
ハラボニムがあまりお酒を
たしなまれなかったため
サイダーを供えてるとの
ことでした。)
そして皆でクンジョルを行います。チャグナボニムの墓前でも
同様に。

こうして初めてのお墓参りを終え、家路についたのでした。

■韓国文化(チュソク<旧盆>) | - | trackbacks(0) | 
<< チュソク当日の朝(4) | main | ついに新婚旅行!! >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday 23:58 ]
に参加中デス(^-^)/

- | - | - |