<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday  ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

に参加中デス(^-^)/

- | - | - | 

チュソク当日の朝(4)

[ 2006.11.09 Thursday 23:50 ]
遅い朝ごはんの後、ちょっと休憩といきたいところですが
昼には皆でお墓参りにも行かなければなりません。
それまでに嫁は急いでお供え物をのせていた器を洗います。


韓国ではお供え物の前でクンジョル(土下座のような最敬礼)を
する儀式を終えると、すぐにお供え物を卓の上からどかして
供えた料理を来客に振舞ったり、家での食事におかずとして
出すんです。なので儀式が終わると台所はたちまちこんな状態。
日本では仏前に供えたものをそんなすぐにはどかさないので
始めは結構驚きました。

器の数が多いので水きり用の特大ざるを準備して器洗い開始。
ヒョンニム(義兄嫁様)がスポンジで器を洗い、私が泡を流す
手分けしながらの器洗い。

ジョンや韓菓など油を使ったお供え物が結構多く、きちんと油が
落ちるまですすぐことのしんどさは予想外でした。
ヒョンニムが器を洗いながら

「トンソ(私のこと)、疲れたでしょ?」

ヒョンニムのほうがもっといろんなことをして疲れてらっしゃる
のに、いつもこんな風に私を気遣ってくださいます。
子供たちがまだ帰ってこないので、家の中は静まったまま。
私はヒョンニムにこんな質問をしてみました。

「ヒョンニムも子供の頃は今日のジョンウン(姪っ子)のように
出かけていかれたんですか?」

すると「そうね。小さい頃は出かけたけど、娘は出かけたく
なかったら親についていかなくてもよかったから、だんだん
出かけなくなったわね…。でも息子だったらそうはいかない。
家の跡取りになるわけだからチュソクの訪問のときには息子の
年がいくつだろうが絶対連れて行くわね。」

先程こられたお客様の中に高校生や大学生の男の子がいて、
アボンニム(義父様)が彼らを私に紹介していたとき、
『日本だったら親と一緒にでかけることを面倒くさがる年頃の
子たちなのに、きちんと親と一緒に出かけるのねぇ』と内心
感心していたのですが、そういう理由があったとは…。

「ソバンニム(オッパのこと)も息子ができたらニコニコしながら
息子を連れてチュソク訪問に出かけて回るわよ、きっと^^」

ヒョンニムのおっしゃったことを実現させたいなぁと思いながら
私は器をすすぎ続けたのでした。
に参加中デス(^-^)/

■韓国文化(チュソク<旧盆>) | - | trackbacks(0) | 
<< 障子の張りかえをしました | main | 初めての韓国お墓参り >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday 23:50 ]
に参加中デス(^-^)/

- | - | - |