<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday  ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

に参加中デス(^-^)/

- | - | - | 

チュソク当日の朝(3)

[ 2006.11.04 Saturday 23:45 ]
お客様の年齢の幅は広くて幼稚園位の子供から60代位まで。
来た子供たちは家に上がりこむや否や早速、姪や甥と一緒に
キャッキャと遊び始めました。

アボンニム(義父様)がお客様に私を紹介しました。
「こちらは誰々、隣はその長男で、その隣が長男の息子だ。」
紹介を受けるたびに笑顔で「初めまして。」と挨拶しましたが
一度に全員を覚えきれず、帰国後オッパに「誰がこられた?」
と尋ねられても答えられませんでした(;_;)

紹介が終わると、遊んでいた子供達をお供え物を準備した部屋に
来させ、いよいよ儀式が始まるようでした。
お供え物の前でアボンニムが杯を持ち、オモンニム(義母様)が
杯にお酒を注ぎます。その間、お客様も全員アボンニムの後ろに
立っています。
お酒の入った杯を回して杯を備えると、一斉に皆でクンジョルと
いう礼を始めます。私も両手を額の前にかざし、ひざまずいて
床に手のひらが付くくらいまで深々と頭を下げ、また起き上がり
それをもう一度繰り返しました。

子供達も大人たちの「ジョル ヘ」(お辞儀しなさい)という言葉で
一斉にお辞儀。
まだ3歳の甥っ子ウヨンもぺた〜んとおでこを床にくっつけ
お辞儀をしてたのを見て『3歳だけど、もうすっかり韓国人ね』と
感心してしまいました(^^)

お辞儀が終わると、すぐにお客様へのお食事の支度です。
急いで韓服から普段着に着替えて台所へ戻ると、男性陣は
談笑しながら食卓につき、オモンニムやヒョンニム(義兄嫁様)が
せっせと料理を運んでいました。
このとき女性は
男性と一緒に
食卓を囲むことは
できません。

時計は9時を
回っていました。
朝5時半から
朝食をとる暇なく
支度をしてるので
女性陣もお腹が
すいているのは
同じなのですが…
これも習慣。
仕方ありません。
↑ほぼ空になった水キムチの器(^^;
ヒョンニムが水キムチを冷蔵庫から出してこられ、私も一緒に
台所で立ったまま水キムチを食べ、空腹をしのぎました。
台所からお客様の様子を見つつ、足りなくなったものがあれば
運んでいきます。

食事が済むと、アボンニムとアジュボニム(義兄様)はお客様と
共にまた外出されました。姪っ子と甥っ子もアジュボニムに
手を引かれて一緒に外出。家の中はオモンニム、ヒョンニム、
私の3人きりになりました。

子供もいなくてシーンと静まった家の中、9時半過ぎに私達は
ようやく食卓に付け、遅い朝ごはんをとったのでした。
に参加中デス(^-^)/

■韓国文化(チュソク<旧盆>) | - | trackbacks(0) | 
<< 韓国語能力試験3級に合格しました! | main | 11/5のひとこと韓国語 >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday 23:45 ]
に参加中デス(^-^)/

- | - | - |