<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday  ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

に参加中デス(^-^)/

- | - | - | 

韓国語の『ゴマ塩』って?

[ 2006.08.06 Sunday 17:40 ]
『ゴマ塩とは実はすりゴマのことを指す』

というくだりを読んだ私は『そういうことだったのか〜』と
愕然としました_l ̄l〇

掲載されていたのは
手の大きいお嫁さん―私の韓国語小辞典
手の大きいお嫁さん―私の韓国語小辞典

ソウル五輪もまだ開催されていない1983年に韓国留学。
91年に韓国人男性と結婚して、現在韓国での暮らしが
20年近くにもなる戸田郁子さんの著書でした。

私もオッパと結婚して一年近くたちますが、オッパから一度も
ほめられたことのない手料理がナムル。
ナムルは作り方がシンプルな分、調味料の微妙な加減ですぐに
台無しになってしまう料理。あの手この手と試行錯誤しているの
ですが、作るたびに「ごま油入れすぎ」などとダメ出しが(T_T)

どうにかしてナムルをおいしく作れるようになりたい…そう思い
昨年末にシテク(夫の実家)でヒョンニム(義兄嫁様)が
ナムルを作るところを見せてもらいました。そのときに

「ケソグムをいれてっと…」

とヒョンニムが流しの下からタッパーを取り出されました。
ゆでたほうれん草の上にかけられた物質を見た私は

『ケソグムって、すりゴマみたい。
ケがゴマでソグムは塩っていう意味だもん。
きっとすりゴマと塩をまぜて作った調味料なんだわ』

と考えていたのでした。
帰国後早速すりゴマと塩を準備し、自分なりの配合でケソグムを
作成。それでナムルをつくってみたところ
「しょっぱいっっ!」とオッパから大不評だった
ことがあったんです(泣)。

戸田さんの本を読んだ今となって、オッパに不評だったわけが
納得できたのでした。
ちなみに戸田さんも塩が入っていないただのすりごまのことを
「ケソグム」というのかは謎なんだそうです。

この著書には戸田さんが韓国での生活を通して覚えていった
慣用句がわかりやすく解説され、実生活で使えそうな例文が
ふんだんに出てくるのも魅力的。
韓国語学習書としても読み応えのある1冊ですよ^^
に参加中デス(^-^)/

■韓国語(おすすめ本) | - | - | 
<< あなたの知らない?チマチョゴリの世界(2)インナー編 | main | 韓国人の彼or夫を持つ方のQ&A(5) >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday 17:40 ]
に参加中デス(^-^)/

- | - | - |