<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

[ 2015.10.28 Wednesday  ]

一定期間更新がないため広告を表示しています

に参加中デス(^-^)/

- | - | - | 

韓国の嫁が準備するもの、ホンス

[ 2006.07.19 Wednesday 12:04 ]
結婚する前に読んでおけばよかったなぁと思った本がありました

ソウルソナタ―わたしのカレは韓国人!
ソウルソナタ―わたしのカレは韓国人!

韓国人男性とお付き合いしている、または結婚している一般の
日本人女性の経験談をもとに構成されている本です。

出会い、恋愛中、結婚準備、新婚生活、韓国生活のコツの順で
章立てしてあり、遠距離恋愛中の方や結婚に向けて準備中の方
それぞれに励まされる言葉が見つけられるんじゃないかと
思います。

私がこの本の中で一番印象に残ったのはホンスの記述。

ホンスというのは結婚の際、新婦側で準備しなければならない
新郎の家族や新郎本人に送る贈り物、結婚生活に必要な品々の
こと。

本の記述によると、ホンス費用の平均は約3400万ウォン!
(※2004年の韓国消費者保護院調べ)日本円で約400万円!!

この数字はあくまでも平均ですが、ホンスが少なかったことで
結婚が取り消されたり、離婚の原因になったりするカップルも
実際にいるそうです。

オッパと結婚にむけて準備していた頃、

「韓国の両親に『結納はしません』って言っておいた」

とオッパに言われたことがありました。

そして私たちは日韓両国で結納を行わないことにしたのですが
この本を読み終えた今になってようやく

『オッパは兄弟親戚が多いから、韓国で結納を行うとホンスに
よって私の負担が大きくなるだろうと心配してくれてたんだ』

とオッパの思いに気づきました。

そんな風に私を守ってくれたオッパ。
今はオッパにとっては異国の地、日本で頑張っているので
日本で不便な思いをしないように私もオッパを守っていきたいと
思います。
に参加中デス(^-^)/

■日韓国際結婚(結納) | - | - | 

韓国の花嫁3点セット

[ 2006.05.30 Tuesday 23:29 ]
水曜の夕方にシテク(夫の実家)へ到着して、その翌日。
皆で朝ごはんを食べた後、オモンニム(義母様)から

「オッパから指輪をもらったかい?」と聞かれたので

はいと答え、寝室においてあったかばんから指輪のケースを
とりだしてオモンニムに見せました。

オモンニムはケースを開け指輪を手に取り眺めていたのですが
私が伺い見るに、なにか不服な点でもあるかの様子。
デザインが気に入らなかったのかな?それとも…と考えていると

「ネックレスやイヤリングはもらわなかったのかい?」と
オモンニム。
「はい。もらっていません」と答えました。

するとしばらくして、オモンニムが
「りお、着替えなさい。今から皆で出かけるから」

部屋着だった私はすぐに服を着替え、アボンニム(義父様)の
運転する車に、オモンニム、ヒョンニム(義兄嫁様)とともに
乗り込みました。
どこへ行くんだろう…そんなことを考えているうちに車が
路肩に止まりました。降りたところにあった店は宝石店。

店に入るとオモンニムは店員に何か話しかけていました。
すると店員さんが「新婦、こちらへおかけください」と
ショーケースの前にある椅子に座るようにすすめました。

椅子に座るやいなや、ショーケースからダイヤが埋め込まれた
指輪にネックレス、イヤリング、ブレスレットがセットで
飾られたものが出されました。
「いかがですか?指輪、どうぞはめてみてください」

えっ?もしやこれを買ってくださるの?オモンニムからは
ただでさえチマチョゴリいただいているというのに、
またお金を出費させてしまう…。

「ダイヤのものならこちらのデザインも素敵ですよ」と
さらにちょっと違ったデザインのものを店員さんはさらに
2セット出してこられた。

「どれでも好きなものを選びなさい。」とオモンニム
う〜ん、う〜ん。セットって値段いくらぐらいするんだろうと
ネックレスを首元にあてたりしつつ、必死で値札を探す…
あ、値札発見!うぁっ!!15万円近い金額w(゜o゜)w
でもオモンニムがここまでいわれていたら絶対買ってあげると
考えられているんだろうな、ここはありがたくいただくことに
しようと気に入ったデザインのものを選んだ。

ふぅ〜、これでOKと思っていたところ、オモンニムが
サファイアの埋め込まれたアクセサリーセットを指差して

「これもいただける?」
「こちらもですね、お客様」
「あ、そうだった。韓服用のアクセサリーも選ばないとね…
 これちょっと見せてくださる?」

韓服用のアクセサリーは純金!えっ?ダイヤのだけじゃないの??
「オモンニム、こんなにたくさん…多すぎますよ」
といったのだけれどオモンニムは『なーにいってるの』って様子
ヒョンニムが

「私も嫁入りしたときにもらったから…とにかく受け取れば
いいのよ」

そしてオモンニムはダイヤ,サファイア,金のアクセサリー3種の
セットを買ってくださいました。
最後に店員さんから再度指輪のサイズをチェックされました。
品物は金曜の夜にシテクに届けられるとのこと。

オモンニムに何度もお礼を申し上げて、車へ乗り込みシテクへ
戻った。
ヒョンニムに日本では結婚する際に指輪はもらうが、その他の
アクセサリは結婚式場でレンタルするのだと話したら

「韓国では花嫁って指輪だけでなく、ネックレスやイヤリングも
もらうんだけど…日本ではそうじゃないのね。
トンソ(私のこと)は韓国式の結納をやっていないでしょ?
それでもらう機会が今までなかったということになってしまって
…オモンニムとしては結納の儀式はできなかったけれど
新しく来る嫁のためにせめてそれぐらいはしてあげたいって
ことだったと思うのよ。」

『ありがたい』という気持ちで胸がいっぱいになった。
結婚式の時にはこのアクセサリーつけて出ます!と意気揚々な
私に

「あははっ(笑)トンソ、今日買ってもらったアクセサリーは
結婚式のときにはしなくていいの。結婚式の時にはもっと
目立つように大振りな結婚式場のアクセサリーをつけるから。
家に届いたらスーツケースに一緒に入れて忘れずに日本へ
持って帰ればいいのよ」

またひとつ知った韓国と日本の文化の違い。この後もさらなる
カルチャーショックが待っていることをこのときの私は
知るよしもなかったのでした。

どんなアクセサリーをもらったの?という方、こちらの動画を
ご覧ください。
※注)私の声による解説つきなので音声が再生されると
   不都合な方は予め音量を下げてご覧ください

に参加中デス(^-^)/

■日韓国際結婚(結納) | - | - | 

韓国の結納(3)

[ 2005.11.17 Thursday 00:08 ]
「オッパ、『アン、サー』って買いませんって言ってるんじゃない?
買いませんってことは結納させてもらえないの?」
「あはは、あれは違う家の人が冗談で言ってるんだよ。」
「なーんだ。」
「うちの姉3人ともああいう結納やったんだよ。」
「オッパも友達に頼まれて『ハムサセヨー』ってやったことあるの?」
「あるよ、何度も。新婦の家に入れてもらえるとね、新婦側からお金がもらえるんだ。
日本円に直すと4,5万位かな。
後からそのお金で『ハムサセヨー』をやった仲間や新郎と飲みに行ったりするね。」
「ふーん、そうなんだぁ。」
「この調子だとまだ新婦の家に入れてもらえそうにないね。帰ろうか。」
そうして私たちはアジュボニム(義兄様)のマンションへと戻っていった。
マンションの入口でオッパが
「新婦の家に入っていくときに、『家はこちらですよ』というのを示すために
道にお札が敷いてあることもあるんだ。
それを足で一枚一枚踏んでいって新婦の家まで行くんよね。」

オッパと私の結納をどうしようかと以前話し合ったことがあるが、日本の実家で
『ハムサセヨー』を韓国のしきたりどおりにやるのは困難だし、新婦側は
韓国だと日本で言う結納返しのようなもので新郎側の親族の韓服(ハンボク)を
作るという習慣があるのだが、オッパの親族の人数が多いから韓服を作るための
金額もけっこうかかるしということで両家顔合わせの食事会を行うことにしたのだ。

アジュボニムの家に入った後もまだ「ハムサセヨー」の声が響いていた。
こうしてまた地球上に夫婦が一組誕生していくんだなぁと思った。
に参加中デス(^-^)/

■日韓国際結婚(結納) | - | trackbacks(0) | 

韓国の結納(2)

[ 2005.11.13 Sunday 12:16 ]
『ハムサセヨー』の声が聞こえる現場に着きました。そこには男性が三人。
そのうち二人が灯篭のようなものを持っていて足元を照らしています。
もう一人は背中に赤い布で包まれた四角いものを黄色い紐でたすきがけして
背負っています。

「あの背中に背負っているのがハム(함)だよ。
ハムは指輪とかの結納品が入っている箱でね、『ハムサセヨー』は訳すと
『ハム買ってください』だね。」

新郎の友人たちはマンションの上の階に向かって何度も『ハムサセヨー』と
叫んでいました。

「オッパ、もう夜9時近いのにかなりの大声で叫んでるね。
だけど『うるさーい!』って怒る声がしない。お祝い事だから誰も怒ったりしないのね。」
「上の階に新婦の家があるんだね。新郎は新婦の家の中にいて待っている。
これが持久戦でね。結納品を持ってくる友人たちは
なかなか家にいれてもらえないんだ。でもそういう習慣だからね。
時間がかかるのを分かっていて新郎の友人はああやって何度も叫ぶんだよ。
それからオジンオ(오징어:イカ)の仮面をつけてるやつがいると思うんだけど…」

ちょうどハムを背負った男性が後ろを振り返ったときでした。
その男性がするめを額にくくりつけてするめが仮面のようになっているのを
私も見ることができました。

そんなとき、上の階から「アン、サー」という叫び声が聞こえました。
に参加中デス(^-^)/

■日韓国際結婚(結納) | - | trackbacks(0) | 

韓国の結納(1)

[ 2005.11.12 Saturday 01:20 ]
オッパのいとこの結婚式が終わって家族皆で夕食にと焼肉を食べに行きました。
おいしいカルビをたらふく食べた私は、滞在先のアジュボニム(義兄様)の家へ
車で帰っている間いつのまにかうとうと寝てしまっていました。

「りお、見て!」とオッパが言いながら私を起こしました。
目を開けるとアジュボニムのマンションの前です。
「…んー?」
「あそこで今『ハムサセヨー』をやってるんだよ」

『ハムサセヨー』の言葉で私はいっぺんに目が覚めました。
以前オッパに韓国の結納ってどんなことするの?と尋ねたとき
新郎の友人が結納品を持って新婦の家の前で『ハムサセヨー』って言うんだよ
という話を聞いていたからです。

「オッパ。私、見に行きたい!」
「じゃ、行こう」
アジュボニムの車から降りるやいなや、すぐに二人で『ハムサセヨー』の現場に向かいました。
に参加中デス(^-^)/

■日韓国際結婚(結納) | - | trackbacks(0) | 
 | 1 / 1 PAGES |